不動産経営

会社員が不動産経営に向いている理由

会社員が不動産経営に向いている理由

社会的な信用が最も高い職業とはなんでしょうか。

会社経営者・・・と思うかもしれませんが全く違います。

もちろん大企業の会社経営者ともなれば社会的な信用が高いことは間違いありませんが、圧倒的に絶対数が少ないので職業として信用が高いとは言えません。

実は・・・

一般的に「会社員」が最も社会的な信用が高い

ということを知っているでしょうか?

個人事業主や経営を始めたばかりの会社経営者は社会的信用がほとんどありません。

では、社会的な信用が高いとどんなメリットがあるのでしょうか。

社会的な信用が高いということは

公的機関からの見た目も良い、銀行からの見た目も良いということ

です。

その理由は、経済的な安定が見込めるからです。

では、公的機関や銀行から見た目が良いとどんなメリットがあるのでしょうか。

それは

一時的に生活に困ったとしても、国の援助が受けやすかったり、銀行も手助けしてくれたりするということ

です。

では、そんな社会的信用を困った時に活用するのではなく、社会的信用を利用して資産を形成する方法があります。

それは

不動産経営

です。

一般的には、ローンを組んでマイホームやマイカーを持つと思います。

しかし、その審査の通り易さを利用して、自己資金もなしで不動産を購入し、ローンの支払いを家賃収入によって返済し、むしろその他のメリットを活用しプラス収支を出しながら、さらに社会的信用を高めていこうというものです。

また、今の時代の会社員は、バブル絶頂期のように、毎年給料がベースアップするのかというと、なかなかそんなこともありません。

景気は上向きだとは言っても、退職金も出ないかもしれません。

国の公的年金も、賦課方式になっている以上は、高齢者を若い方々が支えるという構造のため、少子高齢化の時代には、今の40歳前後から若い世代に年金は期待できません。

つまり、自分自身で将来を守っていくことができる考え方がなければ、大変な時代がやってきます。

そんな時に、最も簡単に会社員として将来設計しやすいものの一つが不動産経営です。

当然ながら不動産を経営すればリスクが生まれます。

ただし、リスクは把握すれば対策することもできます。

そしてリスクが許容できるのであれば、最後の問題は「今のリスク」と「将来のリスク」のどちらを選ぶかです。

不動産経営は会社員に最も適した資産形成方法の一つです。

具体的に自分に適した運用方法が知りたい方は、オカシゴのLINEアカウントまでお問合せください。

オカシゴでは「個人資産コンサルティング」を行っておりますのでご相談ください。

不動産経営の関連記事

Contents Menu

承認されたはずのローンが直前で停止されるケース
【第3話】不動産小町の真実~お金のリテラシーを高めるためにやったこと
OLの不動産投資のはじめ方
不動産経営の期待値を数値化しましょう。
分からないからは理由にならない
会社員は特権階級

最新記事のチェックにフォローしよう