不動産経営

承認されたはずのローンが直前で停止されるケース

承認されたはずのローンが直前で停止されるケース

住宅ローンや不動産投資ローンには必ず審査が存在しています。

そして、その審査が承認されることによってはじめてローンをくむことができます。

ところで、そんな審査で承認された案件が突然に取り消されてしまうケースがあることをご存じでしょうか。

実は、承認されたからといって安心してはいけないのかもしれません。

実際あったケースとして、某住宅金融支援機構の傘下であるモーゲージバンクで発生したという事例をご紹介しましょう。

ある東京都内の不動産業者が、顧客に対して、自宅を購入する際に住宅ローン専門銀行の最大手に申し込みを経由したところ、本人の属性、所属する属性には問題なく、承認通知が出されたそうです。

当然同じく、顧客にも郵送で承認された旨が送られたそうで、顧客は安心していたところでした。

そんな中で、その方は既に自宅を所有していたので、その自宅を売却した後に不動産の購入申し込みを予定していたので、ローン審査承認が出てすぐに所有していた自宅を販売業社と売買契約書を結びました。

しかし、この行為が全ての承認を覆す流れとなるのです。

いざローン契約をしようと、銀行へ予約を入れると、なんと理由不明で「契約停止」となってしまったそうです。

そうなると大変です。

ローンが通らないばかりか、所有していた自宅も売却していたので住む家がなくなってしまいます。

結果的に言えば、ローンの契約や遂行され、新たに自宅を購入することができたため、住む場所を失わないですんだのですが、ぎりぎりの一大事だったことは確かです。

銀行に対しては、「信用」の在り方がいかに重要であるかが良く分かる例でしょう。

個人としては大きなお金が動くことになる契約においては、専門的な知識をもった人をなるべき傍らにつけてハナシを進めるようにした方が無難でしょう。

自分本人でも勉強することを怠らず、都度に誰かにサポートしてもらえるように準備しておきましょう。

オカシゴでは、このような情報を日々収集して最善の選択を提供できるようにしています。

 

不動産の契約などを行う際には、具体的なアドバイスのもと手厚いサポートを致しますので、オカシゴのLINEアカウントまでお問合せください。

不動産経営の関連記事

Contents Menu

不動産経営の成功は業者選びで9割決まる
【第3話】不動産小町の真実~お金のリテラシーを高めるためにやったこと
不動産投資を買ったら終わりだと思っている人は失敗する
お小遣いを増やしたい会社員の現金形成術
不動産投資で毎月マイナス収支になっている人の対処法
承認されたはずのローンが直前で停止されるケース

最新記事のチェックにフォローしよう