不動産投資

ベテラン税理士も唸る税金還付方法

ベテラン税理士も唸る税金還付方法

先日、とある業界歴20年以上のベテラン税理士と税務に関する打合せをすることがありました。

しかも彼は、500社以上の顧問契約を結ぶ業界的にも超有能な税理士です。

そんな彼と税金還付方法について話をしていた時に、私が案内している税金還付方法について話していると、ベテラン税理士ですら驚愕していました。

その方法とは、

不動産を購入した際の翌年の確定申告時に源泉税の還付と住民税の減額をする方法

です。

顧問先にも不動産を取得している企業や個人の方がいらっしゃるそうですが、彼らの税金還付金額が異常なくらいおいしい話だと何度も計算を繰り返してびっくりしていました。

不動産投資と聞くと、今でも大半の方が売買差によって利益を生み出したり、賃貸料による利回りで稼ぐようなものと認識があります。

しかし、資産形成を考えた場合の不動産経営は、マイナスになるリスクを可能な限り低減し、利回りが限定されても節税効果を高めることで最終的な資産を形成していく方が効果的である典型的な話でした。

とはいえ、彼との話は魅力的な話がたくさんあったので、最終的には私が得ばかりする打合せだったのですが。笑

ぜひ実際に購入しないまでも、資産を形成していく上で一度は不動産にまつわる勉強をしてみることをおススメ致します。

不動産投資の関連記事

Contents Menu

資産を形成するための第一ステップ
会社員は独立するより不動産リタイアを目指せ
不動産経営の成功は業者選びで9割決まる
自分のお金を守りたければ貯めるのではなく動かす
口先ばかりの会社員だけにはなるな
お金を支払うことになる保険とお金が入ることになる保険

最新記事のチェックにフォローしよう