不動産投資

不動産経営をしていく上でのリスク

不動産経営をしていく上でのリスク

不動産経営とは、不動産を購入し、人に貸すことで収入を得ていきます。

そしてその収入をローンの支払額以上に、もしくは損益分岐点を超えるように設定していくことで一つの投資が完成するものです。

しかし、そんな不動産経営にもリスクが存在しています。

それは、

・空室リスク
・老朽リスク
・天災リスク
・価格の下落リスク
・修繕リスク

などです。

他にも存在していますが、どのリスクをとっても費用が発生するものばかりです。

つまり、

お金が必要になることがリスク

という捉え方もできます。

さらに言い換えれば、

回避できるだけいの資金力があればそれほどリスクではない

と考えることもできます。

もしくは、それぞれのリスクに対してリスクヘッジをすることもできます。

それぞれ回答すると、

・空室リスク→空室保証(家賃保証)
・老朽リスク→リフォーム、リノベーションなど
・天災リスク→保険
・価格の下落リスク→価値の下がらないエリアを絞り込む
・修繕リスク→費用のリーズナブルな業者を見つける

です。

大半のリスクの原因は「分からないこと」であり、それらは不動産経営を構造的に考えることで不安を取り除くことができます。

新しいことにチャレンジする場合には、常に不安が付きまとい、二の足を踏んでしまうことがあると思います。

しかし、それらの不安は大抵が「分からないこと」による不安です。

もし不動産経営をお考えで不安が残っている方は、オカシゴのLINEアカウントまでお問合せください。

不動産投資の関連記事

Contents Menu

お小遣いを増やしたい会社員の現金形成術
年収300万円からでも始められる不動産投資
不動産経営で時間を買うという考え方
不動産投資は不動産に使われるか使うかが勝敗の分かれ目
不動産投資を買ったら終わりだと思っている人は失敗する
不動産投資 成功の鉄則【無料プレゼント】

最新記事のチェックにフォローしよう