不動産小町

これからの日本人女性は自分で生計を立てる必要がある

これからの日本人女性は自分で生計を立てる必要がある

常識は時代と共に移り変わります。

とくにここ数十年で言えば「家」の在り方が大きく変わったと言えるでしょう。

一昔前で言えば「女性は家を守り、男性が稼ぎにでる」のが常識でした。

しかし今では、「イクメン」という言葉が流行ったように「家」の中での女性と男性の立場に変化が起きてきています。

女性も男性と同様に、自分の趣味やビジネスを行う時代がやってきました。

というよりむしろ、

これからの日本を考えれば女性は自分自身で稼がなければならない時代になっている

と言えます。

今や、パートナーが働いている会社がいつ倒産するかも分からない時代です。

しかも普通にしていたのでは給料も上がらない時代です。

そんな時代にパートナーの収入だけに頼って生活をするリスクは年々高まっています。

とはいえ、女性として男性に比べて必要不可欠な時間があることは確かで、実際には男性のように働いていくことはできない・・・ということが現実としてあります。

ただ、そんな現実があったとしても嘆いているだけでは何も始まりません。

男女平等が掲げられ、様々な制度に変化が起きてきてはいるものの、逆にその変換の過渡期に生きている現代の女性はむしろ悩みが多くなっていることを忘れてはいけません。

では、そんな身動きが取りにくい時代において、日本人の女性が考えていかなければならないことは何でしょうか。

それは

時間と労力(実働)をかけずに収入を増やす(資産を形成する)方法を考えること

です。

では、そんな方法の中で最も堅実に取り組んでいけることはなんでしょうか。

それは

不動産経営

です。

不動産と聞くと、男性のイメージが強かったり、多額の現金が必要になってくると思うかもしれません。

しかし、

現金がなくても、女性であってもローンが通るのであれば不動産経営は誰でもできる

ということを知っているでしょうか。

不動産経営は取り組み方で最もリスクを限定し、不労所得を得る最も効率的な方法です(とはいえ投機的な不動産の購入を行えばリスクは高まります)。

実際にオカシゴでは不動産小町として不動産経営のみで生計を立てている女性を支援しています。

 

そんな女性の特徴は

「できない理由を考えず、常に前向きに物事を考え、今より未来を見て行動している」

ことです。

実際に彼女たちの経験談を聞きたい人は、不動産小町のLINEアカウントまでお問合せ下さい。

また、具体的に不動産経営にご興味がある方は、オカシゴのLINEアカウントまでご連絡ください。

不動産小町の関連記事

Contents Menu

会社員を旦那にもつ主婦が旦那に資産を形成させる方法
OLで借金している人の解決策
不動産小町は華やかさだけでは成り立たない
不動産の基本は正しい業者選びをすることから
OLは今すぐ不動産小町と仲良くなるべし
【体験談/29歳独身OL】オカシゴ不動産投資体験記

最新記事のチェックにフォローしよう