不動産投資

不動産投資に対する考え方に変化が起きているのに気づいていますか?

不動産投資に対する考え方に変化が起きているのに気づいていますか?

不動産投資に対する考え方が変化していることに気づいているでしょうか。

むしろ変わらないことの方が不自然だと気付かなければなりません。

時代は常に変化しているのでメリットやデメリットが変化してくるのは当然のハナシです。

一昔前で言えば「不動産」はキャピタルゲインを狙って、自分の現金や自己資金を使って購入し、売り抜くことを目的とした先物買い的な要素が色濃く出ていました。

株式投資や為替取引といった投資対象の中で対象が現物として「不動産」が存続してきました。

つまり、できるだけ安く購入しできるだけ高く売却することを目指すものが「不動産投資」でした。

これで利益を出す方法が一昔前に存在していたのは事実ですが、時代は大きく変わってきました。

「商業ビル」や「高層マンション」は今や飽和するほど建設され、今後の日本は人口が減ってきます。

つまり誰が見ても住まいの需要は減る一方です。

そう考えれば、一部の超機密的な情報を握らない限り、今までのような「不動産投資」では損をする人の方が増えてくることは簡単に想像がつきます。

では「不動産投資」は終わってしまったのか・・・というと全くそんなことはありません。

問題は

不動産の活用方法

です。

不動産は昔から今でも現物における最大の資産であることに変わりはありません。

そのため、

不動産には活用次第で自分の生活を豊かにし将来への安心を手に入れる方法が存在する

ということです。

キャピタルゲインを狙うのではなく、現金で購入せずにローンを使って購入する形が望ましいでしょう。

他人のお金を使い、他人のお金で返済し、売却時に数百万程度上乗せし、ローンの残債を残さないように運用ができる形がベストです。

毎月の適度なインカムゲインと、売却時の適度なキャピタルゲインに「税金還付」を組み合わせて大富豪を目指すというよりはプチ富裕層を目指しましょう。

間違っても目先の「利回り」で不動産は購入してはいけません。

不動産業界は古い業界なので今でも昔ながらの不動産営業は続いています。

「利回り」が高いものにはそれに見合うリスクが存在していることを忘れてはいけません。

リスクがないのに利回りが高いことはありえません。

不動産投資の関連記事

Contents Menu

死んだらプラスになる不動産投資、死ななくてもプラスになる不動産投資①
不動産業者の大半は売りっぱなし
不動産投資に新築を求めるのは無意味
【新連載決定】不動産小町の真実|神田実沙季氏
毎月10万円を貯金する方法
年収が350万円でも不動産投資はできる

最新記事のチェックにフォローしよう