サラリーマン

会社員が現金を残したければ個人事業主の顔を持て!

会社員が現金を残したければ個人事業主の顔を持て!

会社員を続けていると税金について考えることは少ないと思います。

せいぜい毎月、毎年こんなに税金を納めるなんてい嫌だな・・・と思うぐらいでしょう。

結婚をしていようものなら月々のお小遣いの方が気がかりなのではないでしょうか。

ましてや税金の仕組みを知って節税をしようなんて考えている人は少ないでしょう。

しかし実は、

税金の仕組みを考えればいくらでも節税する方法がある

ことをご存じでしょうか?

税金は個人の資産を形成していく上で第一歩です。

人によっては年末に2か月分ぐらいの給料が現金で戻ってくる人がいるほどです。

その最大の方法は、

会社員でありながら個人事業主としての自分をつくること

です。

これだけ聞いてもピンとこない人が多いでしょう。

そのためには「所得」と「収入」の違いを知る必要があります。

>次のページ:会社員は所得と収入の違いを理解することから

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

仕事の目標を見失ってしまった会社員がやるべきこと
理解してから動いているようでは手遅れになる時代
何か自己実現したい会社員が今やるべきこと
自分の本当にやりたいことがみつからずに焦っている会社員が今やるべきこと
何かに依存している限り不安は減らない
得体の知れない不安と闘う会社員におすすめの解決方法

最新記事のチェックにフォローしよう