税金のハナシ

会社員が納めた税金を取り戻す方法

税金は納めるのは防げなくても戻す方法はある

日本国民であれば、誰しもが税金を徴収されます。

これは、どこの国でも形が違えど何らかの税金が存在しています。

 

会社員であれば毎月の給与明細「源泉所得税」という形で税金を徴収されていると思います。

源泉所得税とは、会社が社員から強制的に税金を徴収し、個人の代わりに国に収める仕組みです。

近年では、住民税も源泉徴収をする動きが活発化しているために、大手一流企業以外でも住民税の源泉徴収が始まっています。

つまり日本国民として日本で働いている限り、税金は日本人に必ずついて回ります。

では、そんな源泉所得税、源泉住民税を安く納める方法はあるのでしょうか。

これらは所得に応じ、国に決められた基準のもと、会社が徴収するものです。

そのため、一会社員がなんと言おうとも徴収されてしまいます。

これまでお会いした方々の中でも「源泉所得税」、「源泉徴収税」を給料明細で注力して考えたことがある人に出会いません。

もちろん寮費が引かれたり、保険料や、会社での積立が天引きされていることは知ってはいるものの、税金がいくら引かれているかは、あまり興味がない様です。

ただ、これらの税金は、徴収することを防ぐことができなくても、ある方法を活用することで還付(国から戻って来る)される方法があります。

>次のページ:会社員が納めた税金を取り戻す方法

税金のハナシの関連記事

Contents Menu

自分の収入から所得税をどれだけ払っているか認識しましょう
会社員が最も学ぶべきお金は収入よりも税金
会社員が納めた税金を取り戻す方法
年収1000万円の会社員はプライベートカンパニーで収入を増やせ
お金が貯まらない最大の要因は税金
税金の仕組みはもはや悪魔的

最新記事のチェックにフォローしよう