サラリーマン

サラリーマンが投資をすべき理由

サラリーマンが投資をすべき理由

サラリーマンとは明確な定義はないものの、会社員として特定の会社に所属して働いている人のことを指して使われています。

基本的には毎月給料(サラリー)として収入を得ている人のことを指し、男性と女性の区別は最近ではなくなってきました。

そんなサラリーマンにオカシゴでは何らかの投資をすることをおススメしています。

その理由は

日本において労働の対価として得る収入だけでは生活がままならなくなってきたから

です。

そしてそれは、既に借金まみれで首が回らなくなっている人だけでなく、将来的に生計が破綻している人が多数現れています。

ここで問題なのが、

将来的な生計の破綻は将来に現実となった時にしか気づかない人が多いこと

です。

詳しくは『老後破産への現実的な対処法 ~老後破産とは』に厳しい将来の現実を記しているのでご確認ください。

現在の日本は物価が上昇を続けるのに対して給与が伸びません。

今後どう考えても全体的な給与が大きく伸びるようなことは考えにくいでしょう。

そんな中で現在も生活ができているのは、何らかの借金などで生活を延命しているからに過ぎません。

それを証拠に、セカンドキャリアといって定年退職後の就労者が増えてきていますが、その実は生活費に困窮してしまうことが理由で働き続ける人が増えてきています。

現状でこのような状況下にある日本において、現在の30~40代の人が定年を迎えた世の中では、明らかに定年後も働かなくてはならない人が増えるでしょう。

つまり、

日本と言う国において収入を労働の対価だけに依存する状態は破綻している

ということです。

お金の勉強をしない日本人

日本人は、これだけ身近に存在する「お金」の勉強をまったくしません。

「お金」には「作り方」、「増やし方」、「使い方」、「守り方」が明確に存在しています。

そんな方法を使わずに、働いてお金を得て、日常生活で使っているのは、自動車のハンドルの役割も知らずに自動車の運転をしているようなものです。

「お金」について学べば、「労働」とは「お金」を得るための一つの手段でしかないことに気づきます。

「お金」はなければ困りますが、あればあるだけ悩みが増えるわけではありません。

そして収入源が一つしかないことのリスクに気づくはずです。

一昔前の成長を続ける日本であれば、労働を真面目に必死にやっていれば経済成長にあわせて給料も増えたかもしれません。

しかし、そんな日本経済は崩壊しています。

つまり、労働の対価として得るだけの収入では、基本的に生計を成り立たせることが破綻しています。

もちろん、あくまで一般論であって例外的な人も存在します。

しかし、そんな人は極一部です。

そのため、多くの人は、今後の将来に備えた具体的な方法を考えておかなければなりません。

また、将来に備えて「お金」の勉強をし、具体的な対策を考えておくことは、将来だけの役にたつわけではありません。

将来への備えと現在の生活の両方を豊かにする

将来のことばかりを考え、現在の生活をシビアに考えすぎてもいけません。

将来のために、必死になって「貯金」をし、困窮した生活をしても何も楽しくありません。

つまり、

投資は将来のためになり、なおかつ現在の生活も豊かになる形でなければならない

ということです。

今が苦しすぎてもダメで、将来が苦しすぎてもいけません。

では、具体的に現在のサラリーマンがどんな投資をすればいいのでしょうか。

オカシゴがおススメするのは

不動産投資

です。

不動産投資は、将来に向けた資産を形成しながら、5~10年ぐらい着実に取り組めば、現在の給与と同額ぐらいの収入が月々生み出すことが可能です。

すると早期退職するのも自由で、悠々自適にサラリーマンを続けても良く、将来は老後に働かなくても収入を得ることができるようになるでしょう。

さらに不動産投資にはサラリーマンに適した大きな要素が存在しています。

サラリーマンに最もおススメの投資は不動産投資

数ある投資の中でも、オカシゴでは不動産投資をサラリーマンにおススメしています。

その理由は、サラリーマンだからこそ得られるメリットを有効活用することができるからです。

そのメリットとは何でしょうか。

それは

社会的信用を比較的容易に得られること

です。

「お金」の勉強をしていない人にとって「社会的信用」は真剣に考えたことのない要素かもしれません。

しかし、資産を形成してく上で「社会的信用」は最重要項目です。

「社会的信用」があることのメリットは

銀行からのローンが得やすいこと

です。

銀行からお金が借りやすいということは、自分のお金を使うことなく資産を増やすことができることを意味しています。

シンプルに言えば、銀行から借りたお金で投資を行い、そこから得た利益で資産を形成していけばいいわけです。

そこでさらに「不動産」ということがポイントになります。

なぜなら

「不動産」という現物資産に対しては銀行がローンを組んでくれやすいから

です。

実際に事業を行ったことがある人は分かるはずです。

銀行から事業に対しての投資を得るのは簡単なことではありません。

しかし、目に見えて分かる現物資産に対して銀行は比較的容易にローンを組んでくれます。

つまり、

サラリーマンは社会的信用が得やすく、不動産に対して銀行はローンを組んでくれやすいなら、サラリーマンほど不動産投資に向いている職業はない

と言えます。

昨今の風潮では、サラリーマンを低くみる傾向にあります。

しかし、お金について学べば、その内情は決して悪いことばかりでないことに気づくはずです。

全ての物事には二面性があり、サラリーマンには悪い面と良い面があります。

独立することも良い面と悪い面があります。

常にどちらの面に光を当てるかで印象が変わるだけで、それぞれのメリットを生かせば、そんなに悪い職業は存在しません。

反対に言えば、メリットを生かせないのであれば、どんな職業も悪くなってしまうでしょう。

幸運にも現在サラリーマンをしている人は、ぜひ「お金」について学び、とくに「不動産投資」について学ぶことを強くおススメ致します。

個別にあった形で、具体的な内容が知りたい人は、オカシゴのLINEアカウントまで「不動産投資を知りたい」とメッセージ下さい。

オカシゴでは会社員の方に向けた『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをまとめているので、より具体的な内容が知りたい方はご確認ください。

女性の方には『OLのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをご用意しております。

どれだけお金を貯めようと頑張っても、お金が一向にたまらないのは頑張っていないからではありません。

お金には貯め方、守り方、増やし方が存在しています。

ぜひオカシゴを通して学び、現在の生活および将来の生活が豊かで健康的なものになることを願っております。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

【体験談/33歳既婚・子持ちサラリーマン】オカシゴ不動産投資体験記
会社の将来が不安な会社員が今やるべきこと
個人レベルのインフレへの具体的な対応策
会社員は独立するより不動産リタイアを目指せ
理解してから動いているようでは手遅れになる時代
自己資金なしで不動産を購入する

最新記事のチェックにフォローしよう