サラリーマン

口先ばかりの会社員だけにはなるな

口先ばかりの会社員だけにはなるな

日本で最も働いている人が多い「職業」とは何でしょうか。

それは「会社員」です。

ここ最近では「会社員」に「ブラック」という言葉が付きまとい、悪いイメージがあるかもしれません。

しかし「会社員」という職業はそんなに捨てたものではありません。

全ての人に当てはまるわけではありませんが、大半の会社員は実力以上の給料を貰っています。

それは独立すればすぐに分かることで、それだけで十分な会社員であることのメリットですが、給料以上に「安定性」という社会的評価を得られることが最大のメリットです。

それにも関わらず、こんな愚痴を聞いた人はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

「起業したい」、「独立したい」、「経営したい」といった言葉を。

しかし現実はそう甘くはなく、こんな言葉を口にする人ほど行動には移せません。

ほとんどが口ばかりで行動しない会社員です。

その理由を紐解けば答えはシンプルで「独立の目的が楽をしたいから」でしかないからです。

楽をするのに経営を選ぶほどバカなことはありません。

そもそも口先ばかりの会社員が得たいものは、地位でも名誉でも暇でもなかったりします。

もちろん最優先でないだけで、大半の人が地位や名誉や暇を欲しているとは思います。

しかしとどのつまり

現在のお金の余裕と将来的なお金の余裕が欲しい

と思っています。

これが真実であり本質です。

そんな方に初めから会社経営は不向きなのでやめておいた方がいいでしょう。

結果的に口先ばかりになるのがオチです。

さらに言えば、会社員としての最大のメリットである「社会的信用」を活用せずに辞めてしまうのはかなりもったいないことです。

では「会社員」が「社会的信用」を活用して資産を築いていくためにはどうすればいいのでしょうか。

それは

不動産投資

です。

詳しくは『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル』に内容を譲りますが、勉強をして知るか知らないかだけで、健やかな生活が送れることに気づくはずです。

そして問題は経営者であるか会社員であるかではなく、自分自身にしか問題がないことに気づくことです。

口先ばかりにならずに、行動できる会社員になりましょう!

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

会社員は特権階級
年収1000万円の会社員はプライベートカンパニーで収入を増やせ
会社員が職場の人間関係に悩み続ける理由
何か自己実現したい会社員が今やるべきこと
会社員(サラリーマン)が100万円の借金をしてしまったらやるべきこと
借金地獄を抜け出す方法

最新記事のチェックにフォローしよう