サラリーマン

仕事の目標を見失ってしまった会社員がやるべきこと

仕事の目標を見失ってしまった会社員がやるべきこと

人間の時間は有限です。

そんなことは誰もが知っていることです。

しかし、実感として「人生の有限性」を感じている人はほとんどいないでしょう。

それを証拠に

ライフプランを持っている人がほとんどいないから

です。

人間は生まれてから全ての人に等しく始まることがあります。

それは

死に向かうこと

です。

生まれれば必ず死ぬというのはまぎれも無い事実です。

それが早いのか遅いか、突然なのかそうではないか・・・くらいの差でしかありません。

そんな人生が始まった時、人間は何らかの目標に向かって人生を豊かにしようとします。

しかし、

そんな人生の目標も日々の激務が続いていく中で目の前を生きることに必死になり、気づけば何に向かって生きているのか分からなくなる

時があります。

それぐらい毎日毎日、仕事に時間をとられ、生きていくため、家族のために目の前を一生懸命に生きています。

一生懸命であることは、とても素晴らしいことですが、目の前のことに必死になって何のために働いているのか分からなくなるのは、非常にもったいないことだと言えます。

とはいえ、解決する方法が分からないので現状を創ってしまっているわけです。

まずは何が現状を創っている原因なのか把握しなければなりません。

では、なぜ激務が続き仕事の目標を見失ってしまうのでしょうか。

それは、

現在および将来の経済的な余裕がないから

です。

「仕事への目標が薄れてしまうこと」が顕在的な悩みであっても、その潜在的な問題は「お金」だということです。

と、なればやるべきことは決まってきます。

それは

収入を増やす方法を考えること

です。

そしてできることなら

「実働することなく」、「将来的に資産を気づいていくことができる」

方法を探すことです。

今以上に仕事時間を増やしては元も子もないので、できるだけ時間をかけない方法を考えなければなりません。

さらに、現在のお金を解決しても、人は将来的な不安を抱えていれば、まだまだ悩み事が解決されることはありません。

つまり、会社員として会社の給料だけに頼っていると、会社が潰れたり、クビになった時の不安がぬぐえません。

そのため、

仕事や生きていることに目標がなくなってしまっている人は、会社の給料以外に収入が増える方法を考えなければならない

ということです。

仕事に目標がなくなってしまった人の原因は仕事をさぼているからでも、仕事の内容が悪いからでもありません。

問題の本質が違うため、いくら悩んでもその中に答えは見つかりません。

ぜひ仕事の目標ややりがいに悩んでいる方は、給料以外に収入をつくり、キャッシュポイントが増える方法を模索しましょう。

すると様々な余裕が生まれ、自然と目標ややりがいが生まれてきます。

具体的な方法が知りたい方は、オカシゴのLINEアカウントまでお問合せください。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

会社員に自由な時間がなくなってしまう理由
自分の本当にやりたいことがみつからずに焦っている会社員が今やるべきこと
仕事の目標を見失ってしまった会社員がやるべきこと
玄人サラリーマン大家も認めたオカシゴ不動産とは
アーリーリタイアしたい人がやるべきこと
体の健康が不安な会社員が今やるべきこと

最新記事のチェックにフォローしよう