サラリーマン

残業が多すぎて疲れてしまった会社員がやるべきこと

残業が多すぎて疲れてしまった会社員がやるべきこと

会社員というと時間に縛られ、自由にできる時間がほとんどないイメージがあります。

また日々の残業に追われ、せっかくある土日も身体を休めることに充てれば、すぐに働き続けの毎日がまっています。

そのため、個人事業主や会社経営に夢を描く人もたくさんいるでしょう。

しかし、仮に自由を思い描いて独立したとしても、そんな気持ちを持ってした独立は大半が失敗に終わってしまうでしょう。

なぜなら、日々の仕事も進まず残業ばかりになり、いくら働いてもお金も時間も自由にならないことには原因があるからです。

それは

心の余裕がないから

です。

もっと言えば、経済的な余裕からくる心の余裕がないからです。

仮に、仕事を辞めても生活していけるだけの資産を持っていたとしたら、周囲の人間にもう少し優しくなれると思いませんか?

仮に仕事を辞めても大丈夫だったとしたら、仕事でもう少しチャレンジしてみる気にならないでしょうか?

基本的に人間は、そういった心の余裕がある時の方が生活が前向きになっていくものです。

とはいえ、ギャンブルのように幸運で得たお金では意味がなく、自分の実力で得た資産でないと・・・という例外はあります。

では、会社員の人たちがどのようにして資産を創っていけばいいのでしょうか。

言うだけでは簡単でも、実際にはできないから皆が困っているわけです。

でも実は、大半の会社員が気づいていないだけで、個人事業主や会社経営者よりも資産を形成するためには会社員の方がやりやすい方法が存在しています。

その理由は、

会社員は比較的に社会的信用が高い人が多いから

です。

 

会社員の多くは、自分達がいかに社会的信用が高いか気にしたことがないでしょう。

気づくのはいつも、独立してからです。

独立してしまえばもう後の祭りです。

最も社会的信用が低い状態からスタートすることになります。

では、社会的信用が高いと何のメリットがあるのでしょうか。

それは

低金利でローンを組むことができること

です。

つまり、人のお金を使うことができます。

とはいっても、人のお金を借りてそれを「消費」に使っていては何も変わりません。

消費に使うのではなく、

ローンを組んで借りた人のお金をもとに資産を生み出すためのものへ投資すること

です。

その最たる例が「不動産投資」です。

「不動産投資」であれば、350万円ぐらいの年収がある人であれば、頭金もなし、持ち出すお金もなく不動産を経営することができてしまいます。

すると「お金」が「お金」を生み出す仕組み、しかも自分の「お金」を使うことなく月々に現金を生み出すことができます。

残業続きで苦しい日々を過ごしている方は、一度「不動産投資」のハナシを聞いてみてはいかがでしょうか。

具体的な話が聞きたい方は、オカシゴのLINEアカウントまでお問合せください。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

会社員は特権階級
会社員がいくらがんばっても貯金できない理由
大学院を出ても年収が上がらない会社員が続出中
会社員でいながら起業でき、かつ翌月から売上が上がる方法とは!?
人生は少なくとも90年計画が必要
会社員(サラリーマン)が100万円の借金をしてしまったらやるべきこと

最新記事のチェックにフォローしよう