サラリーマン

会社員が不労所得で年間3,000万円生み出す方法

会社員が不労所得で年間3,000万円生み出す方法

年間で3,000万円の収入を生み出すことは、それほど難しいことではありません。

しかも、実働することなく、いわゆる不労所得という形で年収3,000万円を生み出すことも、それほど難しいことではありません。

現在の年収が500万円ぐらいある会社員の方であれば、3~5年かけてあることに取り組めば、大半の人が不労所得として年収3,000万円超に行き着くでしょう。

最大の問題は

その一歩を踏み出せるか否か

です。

その方法とは、日々のオカシゴの記事の中でも伝えている「不動産」を活用した資産形成術を用いることですが、イメージしているような「不動産投資」とは全くことなります。

初めのうちは、たったこれぐらいの金額が・・・と思うかもしれませんが、着実にこなしていくだけで、たった3~5年で年収3,000万円は超えてきます。

・現状を何とか変えたい
・今の生活から脱けだしたい
・起業して独立したい
・会社からの依存を脱却したい

と思っている人はたくさんいらっしゃると思います。

そんな会社員の方は、不動産経営を始めることを切におススメ致します。

不動産を購入すると聞くと、何やらハードルが高く聞こえ、また同時に詐欺めいた話を想像してしまうかもしれません。

当然ながらハードルの高い方法や詐欺といったケースが存在していることも事実です。

しかし、それらはあくまで一部のハナシで、問題が大きく取り沙汰されている印象があるだけで、着実に資産を築き上げている人はたくさん存在しています。

何も考えることなく始めれば、不動産投資でなくても必ず失敗します。

一瞬うまくいったように見えても、2~3年もすれば大きな失敗をします。

不動産投資は何やら片手間で、お金さえ払えば利益が出るようなイメージで始めてしまっている人が大半です。

だから失敗した話が不動産業界を席巻します。

しかし、不動産投資で失敗する理由、不動産投資に踏み切れない理由は至ってシンプルです。

それは、

・不動産を買うための知識がない
・不動産を運営するための知識がない

からです。

たったこれだけの理由です。

借金をして購入するパターンであっても、現金を使って購入パターンでも同様で、購入の仕方、運営の仕方さえしっかりと分かれば、それほど失敗をせずに資産を形成していくことは難しくありません。

むしろ不動産投資は、簡単に実現してしまう部類の資産形成方法です。

不動産は、他の金融商品等に比べるとリスクが限定的です。

その理由は、

不動産は現物資産なので、紙切れやデータのようにいきなり消えてしまうようなことはないから

です。

どうあがりても現存している物体なので嘘のつきようがありません。

そのため、資産形成していく際のポートフォリオの中に組み込んで運用していくことがとても重要です。

当然ながら、勉強する気もなく、ただお金を預ければ利益が生まれると思っている人は、不動産投資をやらない方がいいでしょう。

先ほども触れた通り、結局はどんなことでも勉強する気がなければどこかで失敗します。

不動産は皆が毛嫌いし、勉強することさえしていない業界です。

そのため、適切な知識さえあれば、3~5年で不労所得として年収3,000万円を得られるだけの市場があります。

問題は冒頭でも触れた通り、一歩踏み出す勇気があるかどうか。

その一歩さえ踏み出せば、あとは徹底的にオカシゴで実現できるようにサポート致します。

具体的に不動産投資のハナシが聞きたい方は、オカシゴのLINEアカウントまでお問合せください。

現在、借金で苦しんでいる人にとっても不動産投資はおススメです。

不動産投資をやることで一括返済できてしまう方法があるほどです。

詳しくは以下の「オカシゴ徳政令」をご確認ください。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

玄人サラリーマン大家も認めたオカシゴ不動産とは
借金地獄を抜け出す方法
【体験談/33歳既婚・子持ちサラリーマン】オカシゴ不動産投資体験記
会社の将来が不安な会社員が今やるべきこと
自己資金なしで不動産を購入する
会社員であることを最大限に謳歌する方法

最新記事のチェックにフォローしよう