資産形成

富裕層は金融資産から現物資産へと移行している

富裕層は金融資産から現物資産へと移行している

非公開物件で、さらに元手不要、空室保障、設備破損費用保障まである不動産活用術があります。

ここ最近では、金融資産だけでの資産形成にリスクが高まっていることを考えれば今すぐ検討しておいた方がいいでしょう。

あらゆる情報が早く手に入る富裕層の方々は金融資産から現物資産へと資金が移動しています。

金融資産は真っ先に国際情勢の反映を直で受けてしまいます。

北朝鮮問題やロシアの空爆問題、世界的に災害被害が拡大しているなど、金融資産のような形のない無形資産は乱高下を既に繰り返しています。

そんな時期に安心して資産形成する方法は、現物資産へと流れることは歴史が証明しています。

現物資産の代表格と言えば、金、ダイヤモンドなどの動産資産とマンションや土地といった不動産資産が挙げられます。

ダイヤモンドや金であればモノを直接保管し、不動産であれば今すぐにでも購入しておいた方がいいでしょう。

とくに不動産の所有が現在はおススメです。

東京では、マンションの区分所有であれば、年収300万円の会社員でも可能です。

一般的に大きな年収がなければ不動産を購入できないと考えられがちですが、今やそんなことはありません。

一般的に低所得者と言える人であっても不動産を購入し、不動産を活用することで資産形成が行えます。

当然ながら資産があればあるだけ活用方法が広がりますが、どんな富裕層であっても小さな第一歩を踏み出した時があります。

不動産は個人的なキャッシュフローの改善や借金の返済原資として活用できるため、今後の日本においてはさらに需要が高まります。

このタイミングでこそ不動産を所有しているかどうかは大きなポイントとなるでしょう。

とはいえ、金融資産にも金融資産としてのメリットが存在しているので、時代に適した資産の所有方法を追及していきましょう。

具体的な不動産の活用方法を知りたい方は、今すぐオカシゴのLINEアカウントまでお問合せください。

資産形成の関連記事

Contents Menu

不動産投資に独身のサラリーマン(会社員)が勝つ方法
アーリーリタイアしたい人がやるべきこと
オカシゴ徳政令で借金を一括返済
自分のお金を守りたければ貯めるのではなく動かす
個人にとっても財務諸表は必要
会社員が早期退職で悠々自適な生活を送る方法

最新記事のチェックにフォローしよう