独立資金

まとまった独立開業資金を借りて他人に返済させる方法

まとまった独立開業資金を借りて他人に返済させる方法

いつの時代でも会社員から独立する一定数の人がいます。

ただ、ここ数年、会社員から独立をしようとしている人が増回傾向にあります。

大きな理由は情報社会が加速していることで、単純に独立へのハードルが下がったことと、今まで知らなかったメリットにアクセスすることができるようになったことが大きいでしょう。

一昔前では、独立はリスクが大きく一部の限られた人間にしか実現できない事と捉えられていました。

しかし、今では実際に独立している人を身近に感じることが可能になり、独立のためのセミナーや勉強会などが盛んにおこなわれるようになっています。

また現実的な話としても、株式会社の設立は資本金が1円からでも創業できるようになったので実務的なハードルも下がっています。

とはいえ、忘れてはならないのが独立後のことです。

独立することへのハードルが下がったとしても、独立後に生き残っていけるかどうかは決して簡単なことではありません。

そこでこれから独立を考えている方に一つだけ注意して頂きたいことがあります。

それは

できるだけ多くの資本金を用意すること

です。

どんな事業を立ち上げようとも内容はやってみなければ分からない所が大きいのが事業です。

そんな中でも一つ言い切れることは

どれだけ赤字であっても現金さえあれば続けることができる

ということです。

事業を始めれば気づくことですが、何よりも大切なのは現金です。

様々な意見があるとは思いますが、長く会社を続けた人であればあるほど「現金」の大切さに気づいています。

別の言い方をすれば「現金」を大切にしている人であればあるほど事業を継続できているという見方もできるほど重要なファクターです。

とはいえ、既に開業準備のためにまとまったお金を使ってしまい、資本金にできるような現金が手元にない人もいるはずです。

そんな方には朗報があります。

しかも、

まとまった資本金が創れるだけではなく、その借入への返済は他人が行う

という悪魔的手法です。笑

つまり、実質的な持ち出しは0円でまとまった現金を手に入れてしまう方法です。

そのため、当たるか当たらないか分からない事業をゆっくり進めることで失敗をしながらも成功へと導くことが可能になります。

とはいえ、そんな夢のような方法が誰にでもできるわけではなく、極一部の限られた人間にしか行うことはできません。

確率で言えば、400人が応募して60人ほどが利用できるといった15%ぐらいの人が使える方法です。

応募自体は誰でも可能ですが、そのふるい分けが若干シビアな内容にはなっています。

やるだけに損はないので、これから独立を考えており、実際にチャレンジをしたいという方がいらっしゃったら、オカシゴのLINEアカウントまでご相談ください。

独立資金の関連記事

Contents Menu

まとまった独立開業資金を借りて他人に返済させる方法

最新記事のチェックにフォローしよう