お金のハナシ

保険は自分で創ることができる

保険は自分で創ることができる

「保険」と聞くと、どのようなことを思い浮かべるでしょうか。

生命保険、損害保険、健康保険、医療保険・・・など数え上げればきりがないほど無数に存在しています。

全てをまとめていくと保険とは

何か不足な事態が起きて、まとまったお金が必要になった時に融通できるようにしておくこと

です。

そのため、月々に掛け金を支払い将来の不安に文字通り「保険」をかけている状態です。

ここで「保険」を捉える際にはある考え方をもっておくことをおススメします。

それは

保険は「お金」に関する問題解決に特化している商品である

という考え方です。

保険は必ず入っていないといけないもの・・・と捉えられがちですが当然ながらそんなことはありません。

しかし、保険には「お金」に関して問題解決する手段としては大きなメリットを発揮する商品であり、その商品の意味を知らなければ隠されたデメリットも存在しています。

多くの保険加入者はメリット部分にばかり目がいき(というより保険マンに言われるから)デメリット部分を精査できていません。

保険は優秀な金融商品ですが、メリットとデメリットのバランスが判断できていないのであれば加入すべきでないと考えています。

保険会社の提供する商品は、一個人ができないことを代理して行なっているに過ぎません。

代理するのに儲けが発生しないなんてことはなく、当然会社には儲けが存在し、その儲けで保険会社が存続しています。

さて、そこで、考えてみましょう。

たくさんの方々が保険は利用しています。

そして、誰かが保険適応になり、大きな現金を受け取ったとしても、保険会社はなかなか倒産しません。

それはなぜかといえば、それ以上に「儲け」があるからです。

保険会社は常に支払う金額よりも大きな儲けを生み出しています。

その儲けは支払う額が少なかった人から得たお金です。

保険会社には大きなお金が集まっていることは想像に難くないと思います。

しかしその集まったお金は、保険金として支払われる額は全体の20%ほどと言われています。

これは確率論的に計算されて築き上げられています。

保険会社の仕組みを知れば、簡単にお金を投じることができなくなるのは私だけではないはずです。

保険は、万が一、何かあった時のために対応策として解釈することができます。

しかしそれは、保険会社に代行してもらわなくても自分で作りあげることができることを知っておいた方がいいでしょう。

保険会社に任せた「保険」ではなく、人生をプランニングし少ない掛け金で大きなメリットを生み出せるような仕組みを作りましょう。

分かりやすい方法としては、会社を設立したり、その会社の使い方を工夫することで保険以上の役割を果たすことが可能になります。

具体的な方法を知りたい方は「オカシゴ」のLINEアカウントまでメッセージをください。

お金のハナシの関連記事

Contents Menu

楽な生活がしたい人が今すぐにやるべきこと
借金をしながら資産形成は可能です。
仮想通貨/暗号通貨は儲かるかを徹底解説
お小遣いを増やしたい会社員の現金形成術
お金とは何なのか
借金をしていることは恥ずかしいことではない

最新記事のチェックにフォローしよう