サラリーマン

経済とは人口動態、働き方は4つある

経済ってよく耳にする言葉ですよね。
でも、経済の意味って、聞かれるとすぐに答えられる大人ってそれほど多くないです。
お金のこと、お金の回り方、などなどそんな程度の答えがほとんどです。
そして、ググって調べるといった感じですね^^

それでは、検索エンジンで調べてみると

「人間の生活に必要な財貨・サービスを生産・分配・消費する活動。」

というようなことが出てきます。
ところがそれってどういう意味って聞かれると、答えられません。

それはそうです。
そして、対して恥ずかしいことではありません。
日本人のほとんどはお金の勉強をしませんのでそれはわからなくて当たり前です。
ではでは

「経済」

とはなんなんでしょうか。
それは

「人口動態」

なのです。

日本の国民の数、国民の動き、調査による流行り廃り、政策などなどの全てを経済という言い方をしています。
人口動態と言われると、人口動態の中身を言われるとそれはだんだん理解できてくるのではないでしょうか?

さて、これからの日本を考えていくと経済発展は見込めますか?
人口は2050年にはものすごく減ります。
今から約30年後です。
そしてそれまでの家庭では高齢者だらけで年金の問題、介護の問題が山積みです。
日本の復興を支えてきた今の高齢者たちが生活できないなどを理由に自殺も増えてくるでしょう。
もちろん、国が考える政策によっていろんな変化が見込めてはくるものの今現在の日本の状況を考えていくと、これからの将来は経済発展は苦しいのではないかということがなんとなく感じてくるような気がしませんか。

日本で生きていく以上は日本の経済を勉強する必要がある

と私は考えています。

次に、働き方を考えていきましょう。
これも経済につながっていきます。
働き方には大きく4種類の方法があります。
一つは会社員、もう一つは自営業者、そして、ビジネスオーナー、そして投資家です。
この4種類を大きく分けていくと、会社員は時間とお金がコントロールできないという考え方が一般的です。
決まった時間に出社し、決まった時間に退社し、ある程度の決まった給料を受け取るということ。
次に自営業者です。
自営業者の特徴は、

頑張れば収入は増えるけれど、時間はほとんどない。

という感じです。
これもなかなか時間とお金のコントロールは難しいでしょう。
そして、

ビジネスオーナー

です。
ビジネスオーナーは時間とお金はある程度コントロールできます。
最後に投資家も同様ですね。
お金も時間もコントロールします。
好きな時に好きなことがある程度できるようになると思います。

世の中には大きくこの4つの働き方しかありません。
そしてその4つの中でいろいろな考えを持ち、試行錯誤していきているということになります。

これからの時代、幾つものキャッシュポイントを持つ方がいいと言われています。
つまり、この4つを全てやっても良いということです。
そして、一気に4つできる方法もあるのです。

さて、上記について詳しく知りたい方は【オカシゴLINE@アカウント】にご質問くださいね^^
とても面白いお話ができると思います。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

お金の知識を持った会社員は最強説
ブラック企業で働く会社員におすすめの解決法
会社の将来が不安な会社員が今やるべきこと
人生設計することの重要性
独立したからといって会社員より自由になれると思ったら大間違い
お小遣いを増やしたい会社員の現金形成術

最新記事のチェックにフォローしよう